TAKUROMANの新作品がバルセロナの世界遺産サンパウ病院での展示が開始

更新日:6 日前

TAKUROMANの新作「心をレントゲンで見てみたら」が、スペインのバルセロナにあるユネスコ世界遺産「サンパウ病院」での展示が6月17日、始まりました。6月20日まで展示されています。


こちら、現地の様子の動画が主催者の株式会社クオリアート様から届いたので、編集した動画となります。(元動画:https://www.instagram.com/p/CfAD9cSKpqU/



画像は、サンパウ病院ウェブサイトより




サンパウ病院のウェブサイト

https://santpaubarcelona.org/ca/one-world-exposicio-benefica-dart-japones


企画の詳細については、主催の株式会社クオリアートのウェブサイトをご覧ください。

https://www.qualiart.co.jp/works/detail.php?kijiId=20220513115524



当作品はNFTでの販売を開始しました。

https://sbinft.market/assets/0x0777d3a2e60ce9ade95cc16dbad72572046074a1/15?networkId=1