日本発NFTプロジェクト 36FUJIにてTAKUROMANの絵が発表されました🗻✨

更新日:9月12日

先日より参加している日本発のNFTプロジェクト 36FUJIにて、本日、TAKUROMANの絵が発表になりましたのでご報告です。


作品画像

以下、コンセプトです。


----------

ふしのやま

日本最古の物語といわれる竹取物語の中で、帝が不死の薬を焼いたことから、富士山(不死山)と名づけられたという逸話があります。

富士山に降り積もる美しい雪はまるで天から与えられた奇跡です。

雪はやがて解けて水となり、土に還るとまた別の何かに形を変えていきます。

その様子は生命のようでもあります。繰り返される命、無数の命が繋いでいくメッセージ、それこそが不死の意味なのかもしれません。


葛飾北斎が描いた時代の富士山は、荒れ狂う波間にそびえ立つ確固たる存在だったと思います。今ではどうでしょう。CG技術やバーチャル空間の発達により、現実と夢の狭間はかぎりなく曖昧になりました。もし今、北斎が生きていたら、どんな絵を描いたでしょうか。


エピローグ

絵の中の小さなボトルを見つけられますか?

広大な海に放たれた手紙の入ったボトルは、一体どこに辿り着くのか、誰にもわかりません。でももう安心してください。NFTの海でボトルを見失うことは決してありませんから。。。

僕たちはこの広い海で、先人のメッセージを繋いでいくのです。


----------


こちらは本日発表された現段階での全体イメージです。

これで3分の2が発表されたわけですが、混沌としていておもしろいですね。

なんと、TAKUROMANの描いた富士山の上、Little Peopleさんの絵に目のような物体が浮かんでいるのですが、TAKUROMANの富士山の絵と予期せずシンクロしたかのようになっています。


まさに、ぐうぜんの奇跡!

このプロジェクトに参加できて本当によかったです。



詳細はこちら

https://twitter.com/saburokufuji/status/1436820641143922691?s=21


既にオークションにもいくつかの入札が見られます。もしご興味ありましたら以下のサイトをご覧になってくださいね。

https://opensea.io/assets/0xe92419b7836f5544420efbe1947e6173b3be13a9/0