東京芸術劇場で開催された第30回 国際平和美術展(国内展)にて作品「カンジタイ、ネツリョウ」が展示されました。

11月8日(火)~11月12日(土)、東京芸術劇場5F ギャラリー1・2で開催された第30回 国際平和美術展(株式会社クオリアート主催)にTAKUROMANの作品「カンジタイ、ネツリョウ」が展示されました。


同作品展は、6月にパリのUNESCO(国際連合教育科学文化機関)で開催された作品展の国内展示となります。(展覧会の詳細:https://www.qualiart.co.jp/works/detail.php?kijiId=20221004161320


コロナ禍でソーシャルディスタンスが叫ばれる中、あらためて感じた「人の熱量」の大切さを表現した作品です。徐々にコロナが明けつつある中、そのような思いを忘れないためにも、再び展示できてよかったです。



初日はオープニングレセプションがあり、参加しました。会場は、池袋のホテルメトロポリタンです。

コロナの影響でしばらく開催していなかったのですが、久しぶりに盛大な会になったそうです。



櫛田社長とバンドゥーラ奏者のカテリーナさんと写真を撮っていただきました。



ご来場いただいた皆様、主催者・関係者の皆様、ありがとうございました。