top of page

奈良市の歴史建築「藤間家住宅」にインスパイアされた、TAKUROMAN新作NFTアートを発表

TAKUROMAN(タクロマン)は、2022年12⽉23⽇(金)〜12⽉27⽇(火)、奈良県奈良市で開催されるアートフェア「デジトーマ 2022」に参加し、新作アートを一点発表します。作品は、奈良市の歴史建築「藤間家住宅」と、サテライト会場となる大阪「ナニゴトヤ」、ならびに特設ウェブサイトとYouTube 上での 360°VR ギャラリー(提供:NFTown)にて展示されます。TAKUROMANの同イベントへの参加は今回が初となります。


TAKUROMANは今回、藤間家住宅の「改修途上」というコンセプトにインスパイアされ、「変化を続ける物語」というテーマで作品を制作しました。



『ナラティブ・フレンズ・トーキング』

----------

予期せぬできごと、突然の出会い。

あなたが望み、あなたが動くたび、

物語の中で何かが変化する。

それはまるで生き物のよう。

刻一刻と変化する状況に応じて、

自由に綴る一大スペクタクル。

さあ、あなたが主人公の物語を語ろう。

安心して、他の主人公たちも一緒だ。

----------

※ナラティブ=物語、語り口。語り手自身が主役となる物語を意味する言葉。


NFTはSBINFT Marketで販売しています。

https://sbinft.market/assets/0x0777d3a2e60ce9ade95cc16dbad72572046074a1/31?networkId=1


デジトーマ2022とは

奈良市の歴史建築「藤間家住宅」と、サテライト会場となる大阪「ナニゴトヤ」で開催されるVR ギャラリーのプロジェクションを主体としたアートフェアです。企画目的は新型コロナ禍のアーティスト救済と文化財/文化資源の保全であり、60 名を超えるオールジャンルのクリエイターが仮想世界の展示空間で作品を展示販売します。参加アーティストの作品は藤間家住宅や奈良の地に着想を得たものから、アーティスト固有のテーマに基づくものまで多様です。会期中、両会場ではプロジェクション展示とアーティストによるライブイベントが実施され、特設ウェブサイトとYouTube 上では 360°VR ギャラリー(提供:NFTown)が公開されます。両会場で行われる作品及びグッズ販売、ライブイベント有料配信等の売上は、藤間家住宅の保全費用に充てられるとともに、アーティスト達の活動資金として還元されます。


開催概要

名称: デジトーマ 2022/DIGITOMA 2022(文化庁 ARTS for the future!2 補助事業) 日時: 2022/12/23(金)~12/27(火)10:00~19:00 ※ナニゴトヤは 12/23(金)18:00~25:00|12/24(土)18:00~24:00 のみ 会場: 藤間家住宅(630-8301 奈良県奈良市高畑町 1325-1-1) ナニゴトヤ(556-0013 大阪府大阪市浪速区戎本町 1-1-14) 入場: 藤間家住宅500円、ナニゴトヤ1,000円+1ドリンク 主催: 一般社団法人高畑トラスト 協賛: 一般社団法人産業人文学研究所後援: 奈良県 協力: 株式会社ゼノトゥーン株式会社亜裸眼 株式会社トーン


会期中の在廊やインタビュー記事も

TAKUROMANは会期中の在廊を予定しています。また、インタビュー記事も主催者から発信される予定です。最新情報は随時、当ホームページやTwitterにてお知らせいたします。 TAKUROMANホームページ:https://takuroman.com TAKUROMAN Twitter:https://twitter.com/TryingUnity


プレスリリース記事も配信していますのでご覧ください。

https://newscast.jp/news/3756299


bottom of page